エコ陶芸 環境に配慮して陶芸を楽しむ

自宅に窯などを設置して陶芸を楽しむにはどうすればいいかなど色々思案しましたが、
環境に配慮した陶芸をやろうと決心しました。

(1)窯は還元焼成も可能なガス窯が欲しかったのですが、排気を考慮して電気窯に
  しました。設置場所は別に駐車場を借りて、車庫に色々な道具類と一緒に設置する
  ことにし、車庫のシャッターも熱が逃げるように改造しました。

(2)釉薬などは外部に排出しないよう、循環形の排水処理装置を設け水を循環して
  使用しています。

(3)粘土の溶けた水は、庭の隅に穴を掘りそこを利用しています。

(4)スプレーで施釉するための施釉ブースを設置し、周囲に飛散しないよう、
  またその飛散する釉薬を吸い取るようにしています。

などの措置をして環境と調和した陶芸を楽しんでいます。
循環形の排水処理装置はお薦めです。

画像

                       電気窯(10kw)

画像

                        施釉ブース

画像

                    循環形排水処理装置