新大仏寺(三重県伊賀市) 

源平の争乱で1180年東大寺・興福寺はほとんどの伽藍が焼失したが、東大寺の
再建を任された俊乗坊重源は復興の資材や資金を集めたり、荘園の管理など
の活動拠点として七ヶ所の別所を設けている。
その七ヶ所とは、
 東大寺別所(浄土堂)、高野新別所(円通律寺)、摂津渡辺別所(廃寺)、
 播磨別所(浄土寺)、備中別所(廃寺)、周防別所(阿弥陀寺)、
 伊賀別所(新大仏寺)
新大仏寺は1202年に重源上人によって開創されている。

本尊の廬遮那仏(大仏)の頭部は、重源上人に深く帰依していた快慶の作である。
新大仏寺はその後衰退し、芭蕉は1688年訪れてその様を記している。
江戸時代中期に再興されている。
現在は四季折々の花木に彩られ、重源上人の偉大な業績が偲ばれる。

<三重県のお寺一覧>参照

(1)寺名:新大仏寺(しんだいぶつじ) (2)住所:三重県伊勢市富永1238 
(3)山号:五宝山 (4)宗派:真言宗智山派 
(5)開山:重源上人(俊乗坊重源) 開基:源頼朝
(6)開創:1202年 (7)本尊:盧遮那仏

(8)その他
1)本尊盧遮那仏(如来坐像):重要文化財 高さ4m 頭部は快慶作
2)俊乗上人坐像:重要文化財 鎌倉時代初期 像高82cm
  僧形坐像:重要文化財 鎌倉時代 像高75cm
3)大仏殿:市指定文化財 1748年
4)板彫五輪塔:重要文化財 1203年重源寄進
  水晶舎利:県指定文化財 鎌倉時代
5)興正菩薩像(画):重要文化財 鎌倉時代
6)十一面観音立像など4点:市指定文化財
7)芭蕉句碑:<丈六に かげろふ高し 石の上>
8)岩屋不動明王:本堂裏の岩窟に 市指定文化財

画像
                        大門

画像
                        鐘楼                          

画像
                       大師堂

画像
                       大仏殿

画像
                       岩屋不動

画像
                       上人堂

画像
                       芭蕉句碑