金剛證寺(三重県伊勢市) その1

標高555mの朝熊山の中腹に建つ伊勢神宮の奥の院といわれるお寺

(1)寺名:金剛證寺(こんごうしょうじ) (2)住所:三重県伊勢市朝熊町548

(3)山号:勝峯山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派 (5)開基:曉台上人 (6)開創:6世紀中頃

(7)本尊:虚空蔵菩薩

(8)その他

1)本尊虚空蔵菩薩:日本三大虚空蔵菩薩のひとつ

2)本堂:重要文化財 1609年

3)伊勢神宮の奥の院といわれ、神宮の鬼門を守っている

4)朝熊山経塚群が近くにあり、そこからの出土品は国宝に指定されている
  宝物館で拝観できる

(9)風景

1)伊勢志摩スカイラインを登ると便利 伊勢湾の眺望

2)奥の院への参道沿いに塔婆林があり、他のお寺にはない風景

3)あじさい

4)禅寺というよりも真言宗のお寺の雰囲気が強い
 (真言宗から臨済宗に1392年転向)

画像

                          総門

画像

                          仁王門

画像

                          境内

画像

                          鐘楼

画像

                          本堂

画像

                          寅の像