高岡大仏寺(富山県高岡市)

日本三大大仏といわれる高岡大仏は高岡市街の小さなお寺に悠然と
座しておられる。大仏さまは元の姿は木像であったが災難の変遷を経て
1933年高岡の職人・工人達の手で銅製の大仏が完成した。

<富山県のお寺一覧>

(1)寺名:高岡大仏寺(正式名称:大仏寺) 
(2)住所:富山県高岡市大手町11-29
(3)山号:鳳徳山 (4)宗派:浄土宗 
(5)開山:良歓 (6)開創:1745年
(7)本尊:阿弥陀如来(大仏)
(8)その他
1)大仏は1745年に木像で建立されたが、1821年焼失。
   その後再興されたが1900年の大火で再び焼失した。
   1907年再興発願後1933年に完成した。
2)大仏(阿弥陀如来坐像):地上高15.6m 座高:7.4m 青銅製
3)訪問日:2005年10月31日

画像
                高岡大仏
                        
画像

                        
画像

                        
画像
                 本堂