京都の庭園 その19 天授庵(京都市左京区)

天授庵の方丈・書院を巡るように庭園がひろがり、新緑から紅葉にかけては
絵のような風景を展開する。
しかし冬の庭園は禅寺の雰囲気を醸し出し、これぞ侘び寂びの世界といえよう。
方丈東庭:枯山水庭園
書院南庭:池泉回遊式庭園

天授庵は南禅寺の塔頭(13ヶ寺)で、1339年に虎関師錬が南禅寺を開山した
無関普門の塔所(墓所)として開創した。その後1602年に細川幽斎が再興し
幽斎夫妻の菩提寺となった。

方丈の襖絵32面<重要文化財>は長谷川等伯の作

画像

                     遠景(南禅寺三門から)

画像

                         方丈東庭

画像

                         方丈東庭

画像

                          書院

画像

                         書院南庭

画像

                         書院南庭

画像

                          庫裡