お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 妙光寺 (大阪府泉佐野市)

<<   作成日時 : 2018/04/04 11:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

泉佐野市街地に広い境内を持つ妙光寺は、1358年大覚大僧正妙実によって
開創されている。
大覚は一説には後醍醐天皇の皇子ともいわれ、当初は真言宗大覚寺の
僧であったが、日像上人に帰依し日蓮宗の僧となって精力的に布教し、
特に備前においては多くのお寺を開創し、<備前法華に安芸門徒>と
いわれた。
1358年京都桂川にて雨乞いをした時に、傘の中に曼荼羅を置いて祈願
したところ、たちまち雨が降ったといわれている。
その<傘の内曼荼羅>が妙光寺に伝わっている。
 妙光寺に建つ三十番神堂は、神仏習合に基づいた法華経守護の
三十神を祀る堂宇で、日蓮宗寺院には多くある。

<大阪府のお寺一覧>参照

(1)寺名:妙光寺(みょうこうじ) (2)住所:大阪府泉佐野市市場西3−9−1
(3)山号:本覚山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開基:大覚大僧正妙実 (6)開創:1358年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)三十番神堂:市指定文化財 1663年
2)曼荼羅3幅:市指定文化財 南北朝〜室町時代
  この内の一つが<傘の内曼荼羅>

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        庭園

画像
                        本堂

画像
                      三十番神堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

妙光寺 (大阪府泉佐野市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる