お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 光源院 (京都市上京区) 相国寺塔頭

<<   作成日時 : 2018/04/03 09:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

相国寺総門を入った右側に建つ光源院は、1421年に開創されたと伝える
広徳軒を起源としている。
1565年永禄の変で、松永久秀と三好三人衆の企みにより、二条御所で
暗殺された室町幕府13代将軍・足利義輝の菩提を弔うために、義輝の
法号から光源院と改名し、菩提寺となっている。
戦国時代の典型的な出来事として、将軍暗殺は時代の混沌を物がっている。

<京都市北区、上京区のお寺一覧>参照
 
(1)寺名:光源院(こうげんいん) 
(2)住所:京都市上京区今出川通烏丸東上る相国寺門前町701
(3)宗派:臨済宗相国寺派大本山相国寺の塔頭
(4)開創:1421年 (5)本尊:釈迦牟尼
(6)その他
1)春屋妙葩像(画):重要文化財 1404年

画像
                      相国寺総門

画像
                      光源院山門

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

光源院 (京都市上京区) 相国寺塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる