お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 成道寺 (岡山県津山市)

<<   作成日時 : 2018/04/13 11:14   >>

トラックバック 0 / コメント 0

津山市の寺院群がある西寺町には11ヶ寺が集中している。
その中の一つ成道寺は、1604年初代津山藩主・森忠政の開創である。
森忠政は、織田信長の近習で本能寺の変で亡くなった森蘭丸の弟で、
1603年津山初代藩主となり、地名を鶴山から津山へと変更し、津山城
の再建を行い、津山の基盤を築いている。

成道寺の山門は、津山城から北条県庁の門として使用された後、
1902年移築されている。
近代の俳人・西東三鬼(さいとうさんき)の菩提寺で、句墓碑には
<水枕がばりと寒い海がある>と刻まれている。

(1)寺名:成道寺(じょうどうじ) (2)住所:岡山県津山市西寺町18
(3)山号:転法輪山 (4)宗派:浄土宗
(5)開山:智山 (6)開基:森忠政 (7)開創:1604年 (8)本尊:阿弥陀如来
(9)その他
1)山門:市指定文化財 江戸時代

画像
                        門前

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

成道寺 (岡山県津山市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる