アクセスカウンタ

<<  2018年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
頂源院 (京都市中京区裏寺町通) 京極の水子供養寺
頂源院 (京都市中京区裏寺町通) 京極の水子供養寺 河原町通と新京極通の間を南北に、北は六角通、南は四条通の 短い通りであるが、豊臣秀吉の京都改造計画によって浄土宗系の お寺が集められた通りである。 現在は、13ヶ寺が並んでおり、かっての境内は縮小されている。 そんな中にあって、頂源院の山門への間口も狭い。 頂源院は、以前から<京極の水子供養寺>と呼ばれ、かっては 水子供養に訪れる人も多かったといわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/31 19:54
陶芸 2018年3月30日 フリーマーケット作品その3
陶芸 2018年3月30日 フリーマーケット作品その3 4月8日のフリーマーケットに向けての陶芸サークルの作品その3 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/30 20:08
泰運寺 (三重県松阪市飯高町) 八角梵鐘
泰運寺 (三重県松阪市飯高町) 八角梵鐘 和歌山街道(国道166号)の口窄口(くちすぼぐち)から北へ、口窄谷を 山中へ入る。車1台がやっと通れる林道を1.5km登る。 泰運寺の参道入口駐車場に車を停めて、緩やかな石段参道を登る。 両脇にはもみじ、桜、シャクナゲ、木蓮など四季折々の木々が 迎えてくれる。 特に、紅葉の名所として知られ、<室生、赤目、青山国定公園>の 一画として整備されている。 私の訪問時期は、花のない新緑の木々に覆われた風景であったが、 その新鮮な緑がまたよし。 紅葉時に再度訪れたいものだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/30 10:16
宝蔵院 (名古屋市中川区) 布施屋地蔵
宝蔵院 (名古屋市中川区) 布施屋地蔵 宝蔵院は中川区伏屋にあるが、伏屋の地名はもともと布施屋から来ていると いわれ、布施屋とは、昔旅人に無料で宿を提供し、貧しい旅人の安全を 護ってくれた施設や村を意味している。 その中心がお寺で、宝蔵院もその一つであったといわれ、本尊地蔵菩薩を 布施屋地蔵と呼んで、信仰が篤かったといわれている。 布施屋は奈良時代に行基が設けたのが始まりで、平安時代以降も 設置されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/29 09:11
貞永寺 (静岡県掛川市) 遠江安国寺
貞永寺 (静岡県掛川市) 遠江安国寺 掛川市南部の大坂地区に建つ貞永寺は、貞永元年(1232年)四条天皇の 綸命によって開創されたと伝えられている。 南北朝の戦いで犠牲となった戦没者や後醍醐天皇の菩提を弔うために、 足利尊氏・直義が発願して、1345年全国の各国に安国寺を開創したが、 遠江国においては貞永寺が安国寺として再興されている。 遠江国は、現在の静岡県西部にあたり、東部は駿河国であり、遠江国は 別称で遠州と呼ばれた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/28 15:16
長仙院 (京都市中京区) 誓願寺塔頭
長仙院 (京都市中京区) 誓願寺塔頭 京都の繁華街・新京極通に面して建つ誓願寺の裏に塔頭・長仙院はある。 こじんまりしたお寺であるが、<新京極の不思議>の一つに数えられる <未開紅の梅>がある。 未開紅の梅は、中国原産で古代に日本に伝わった種で、蕾の間は紅色 だが、開くと白の八重が咲く珍しい梅といわれている。 茶菓にも未開紅という京菓子があるほどである。 拝観はできないが、図鑑で想像する。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/28 09:24
即心院 (岐阜県瑞穂市) 小簾紅園
即心院 (岐阜県瑞穂市) 小簾紅園 大垣市と瑞穂市の市境に位置する小簾紅園(おずこうえん)は、1861年 皇女和宮が徳川家茂に嫁ぐために、中山道を江戸へ下った折に、呂久川 (旧揖斐川)の呂久の渡しで、詠んだ歌を記念して1929年開園している。 なお、呂久川は1925年の揖斐川改修工事でなくなり、揖斐川は直線に 改修されている。 この小簾紅園の近くに即心院はこじんまりと建つ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/27 08:59
定広院 (福井県敦賀市疋田) 疋田の舟川
定広院 (福井県敦賀市疋田) 疋田の舟川 塩津路(国道8号)と西近江路(国道161号)が交わる疋田集落は、 1815年に完成した舟川運河の宿駅であった。 その面影が少し残るこの地に建つのが定広院である。 舟川は敦賀から疋田までの小運河で、疋田から琵琶湖塩津まで峠越えで 陸路荷物が運ばれた。 この運河の運行も短期間で終了している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/26 09:46
久昌寺 (三重県伊勢市) 平家の里
久昌寺 (三重県伊勢市) 平家の里 宮川に注ぐ横輪川に沿って蛇行しながら進むと、<平家の里>と呼ばれる 矢持町菖蒲の山村集落に到る。 1185年壇ノ浦の戦いで敗れた平清盛の四男・知盛は入水自害したと されているが、伝承として、従者30名を率いて菖蒲の地に逃れて来たと。 1190年知盛は平氏の菩提を弔うために久昌寺を開創したと伝えられている。 境内には知盛の供養塔が建てられ、平家の末裔という俳人・山口誓子の 句碑が建っている。  誓子の句<知盛の谷水とし植田とす> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/25 08:57
地蔵院 (京都府京丹後市大宮町) 平地地蔵
地蔵院 (京都府京丹後市大宮町) 平地地蔵 京丹後市大宮町と与謝野町との境にかかる平地峠に、総高7mにおよぶ 地蔵菩薩が峠を見下ろしており、平地地蔵と呼ばれている。 この地蔵菩薩の造立には2つの言い伝えがある。  ひとつは、1822年宮津藩の圧政に対して起こった<文政丹後一揆> で処刑された義民の霊を弔うために1833年造立されたと。  ひとつは、1832年頃山賊が通行人などを苦しめていたので、常林寺 の和尚が造立し、山賊を退散させたと。 いずれにしても、地蔵菩薩の造立は1832年頃なのだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/24 09:23
妙安寺 (名古屋市熱田区) 沢の観音
妙安寺 (名古屋市熱田区) 沢の観音 堀川左岸の小高い処に建つ妙安寺は、江戸時代には<澤の観音>と 呼ばれ多くの参拝者があり、境内から望む堀川と背景の風景が尾張名所 として名をなした。 現在は、開発が進み全くその面影もない。 澤の観音は熱田四観音の一つで、かっては熱田神宮の東北・澤の地に あった観音堂に祀られていたが、妙安寺が現在地に再興されて以降に 移されたといわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/23 09:09
海蔵寺 (静岡県袋井市) 今川了俊の菩提寺
海蔵寺 (静岡県袋井市) 今川了俊の菩提寺 東名高速袋井ICを出て直ぐに、木々に覆われて建つ海蔵寺は、初代遠江今川氏 の今川貞世(法名:了俊)(1326〜1420年)が開創したと伝えられている。 貞世は初代駿河今川氏の範国の次男で、分家して遠江を統治しているが、 室町幕府の命で九州探題を務め、九州の平定に貢献している。 探題解任後、堀越城を築き海蔵寺を開創したといわれている。 貞世は歌人としても著名で、その歌一首 <ちる花をせめて袂に吹きとめよそをだに風のなさけと思はん> ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/22 09:18
西順寺 (岐阜県北方町) 時の太鼓
西順寺 (岐阜県北方町) 時の太鼓 西順寺の太鼓楼に安置されている<時の太鼓>は、1697年将軍徳川綱吉 の御前で、北方領主で旗本の戸田光賢が見事な馬術を披露したことから <時の太鼓>の使用を認められ、北方の本町に安置され、時を告げていたが、 明治時代初期に西順寺に移された。 江戸時代には、<時の太鼓>の打ち上げの打法は徳川御三家や二条城 などで認められていたが、他にも北方、唐津、一関など数少ない藩に 認められていた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/21 09:00
宝勝寺 (京都府南丹市日吉町)
宝勝寺 (京都府南丹市日吉町) 日吉町中世木にあった賀善寺の開創は1473年であるが、いつしか 廃寺となり、現在はかっての本堂が念仏寺境内に建っている。 賀善寺に伝わった十一面観音立像・広目天立像・多聞天立像の 3駆はかっての本堂に安置されているが、その管理は念仏寺と 宝勝寺が行っている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/20 14:00
普門院 (長野県辰野町) 上島観音堂
普門院 (長野県辰野町) 上島観音堂 辰野町上島に建つ上島観音堂(普門院)には、重要文化財に指定された 十一面観音立像が本尊として祀られ、年2回公開されている。 この観音像は、1323年高野山の良禅法師の勧進により、善光寺仏師の妙海 によって彫られ、胎内には造立趣意などの史料が納められている。 普門院はこの観音像を祀るために開創されたが、その後何度かの火災に 遭い、その度に観音像は救出され今日に至っている。 伽藍は観音堂のみであるが、集落の人々によって護られている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/20 10:14
久昌寺 (福井県美浜町) 金焼地蔵尊
久昌寺 (福井県美浜町) 金焼地蔵尊 美浜町を通る丹後街道から少し入った大藪集落に建つ久昌寺の 地蔵菩薩は<金焼地蔵>と呼ばれている。 その伝承は  昔、弁当の飯を少しとっておいて地蔵尊にお供えしていた使いの娘が、 主人に飯を盗んだと火箸で叩かれた時、身代わりとして地蔵尊が傷を 負ってくれたと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/19 09:48
経王寺 (石川県金沢市)
経王寺 (石川県金沢市) 金沢城南東の小立野台地にある小立野寺院群は30弱の寺院群で、 加賀藩主前田家ゆかりのお寺が多く集まっている。 その中の一つ経王寺は、加賀藩祖前田利家の側室で、2代藩主利常の 生母・寿福院が1601年開創している。 1631年寿福院の葬儀が行われている。 寿福院(千代)は、利家が朝鮮の役で名護屋に陣した折に世話女として 同行し、そこで利常を出生している。 寿福院の実家の菩提寺が越前経王寺であり、寺名を同じくしている。 また、熱心な法華信者で、能登妙成寺の中興を成し、自らの菩提寺 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/18 15:04
長林寺 (京都府亀岡市)
長林寺 (京都府亀岡市) 亀岡市馬路町に建つ長林寺は1583年開創と伝えられ、1612年妙心寺の 僧が再興し、栄えたといわれている。 現在の長林寺は庭園も整備され、山門の瓦も見ものとなっている。 長林寺の向かいに建つ観音堂は、廃寺となった導養寺の本堂で長林寺が 引き継いでいる。 導養寺の境内には樹高23mのムクノキがあり、馬路町のシンボル的な木 である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/17 15:24
善光寺 (兵庫県洲本市)
善光寺 (兵庫県洲本市) 淡路島西岸の新五色浜海水浴場背後に位置する善光寺山麓に建つ 善光寺は、寛元年間(1243〜46年)信濃善光寺の分寺として 開創されたと伝えられている。 本尊の善光寺如来は信濃善光寺本尊に準じて16駆を鋳造した内の 1駆ともいわれている。 善光寺山山頂は<サンセットパーク五色夕日が丘公園>として整備 され、夕日の眺望ポイントとして親しまれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/16 10:39
長福寺 (岡山県笠岡市) 古墳群
長福寺 (岡山県笠岡市) 古墳群 5世紀の10数基古墳群である<長福寺裏山古墳群>を背にして建つ 長福寺は、767年に創建されたと伝わる甲弩神社の神宮寺六坊の 一つ長福坊が始まりと伝えられている。 長福坊の開創は元慶年間(877〜885年)と伝えられ、905年長福寺 として現在地に移転したといわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/15 09:24
陶芸 2018年3月14日 フリーマーケット作品その2
陶芸 2018年3月14日 フリーマーケット作品その2 陶芸サークルのメンバー作品が一部本焼完了。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/14 19:47
島根県のお寺一覧
島根県のお寺一覧 島根県のお寺を紹介 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/14 10:24
星上寺 (島根県松江市)
星上寺 (島根県松江市) 星上山(450m)山頂近くに建つ星上寺の開創については、次のような伝承 がある。  730年10月漁師が中海で漁をしている時、暴風に遭い方向を見失って 漂っていると、星上山の上に一点の星が輝き、その方向に漕いで無事に 湊にたどり着いた。 翌日、星の不思議にみちびかれて、山に登ったところ、山頂近くの池に十一面観音 の姿が映り、観音の導きによって助かったと感激し、その近くに堂を建て、 十一面観音を祀ったのが星上寺の始まりと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/14 10:19
極楽寺 (京都府精華町) 梵鐘
極楽寺 (京都府精華町) 梵鐘 極楽寺本堂に安置されている梵鐘は1312年の製作銘があり、銘入りの 梵鐘として貴重な資料であり、京都府の文化財にしていされている。 この梵鐘の由来は、近くの医王寺が廃寺となって極楽寺に移されたと いわれている。 梵鐘は中国から6世紀中頃に日本に伝わり、妙心寺の<黄鐘調の鐘>が 日本で698年製作された銘入り梵鐘としては最古といわれ、国宝に 指定されている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/13 09:21
観照寺 (岡山県矢掛町)
観照寺 (岡山県矢掛町) 矢掛町の山間田園に建つ観照寺は<梅の寺>と呼ばれ、推定樹齢200年 以上といわれる<臥龍梅>など紅白の梅の木10数本がその色を競い、 梅まつりの頃は多くの参拝者があるとか。 また、10m以上のサザンカの木がある。 残念ながら、私の訪問時期が季節外れで、その風景を想像するにとどまった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/12 20:06
地蔵院 (徳島県徳島市) 新四国曼荼羅霊場第75番
地蔵院 (徳島県徳島市) 新四国曼荼羅霊場第75番 眉山の西麓に、放生池地蔵院池を前にして山門が建つ地蔵院は、 弘仁年間(810〜824年)弘法大師空海が女人安産を願い開創したと 伝えられており、現在も安産祈願のお寺として参拝者は多いとか。 特に、江戸時代には徳島藩主・蜂須賀氏から帰依を受け、安産祈願所 として栄えたといわれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/12 09:33
もくもく探索日誌 2018年3月11日 京都市街地中央
もくもく探索日誌 2018年3月11日 京都市街地中央 3ヶ月ぶりのもくもく探索となる。 春の暖かさを感じながら、京都の中心街を探索。 北は三条通、南は七条通、東は鴨川、西は烏丸通に囲まれた中京区東部と 下京区東部エリアの未探索寺を巡る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/11 16:29
尊光寺 (大阪府貝塚市) カイヅカイブキ
尊光寺 (大阪府貝塚市) カイヅカイブキ 戦国時代に貝塚御坊願泉寺を中心に形成された貝塚寺内町の一角に、 一際目立つカイヅカイブキが映えるのが尊光寺である。 カイヅカイブキはビャクシンの一種で、生垣の植木として用いられる。 もともと関西から全国に広まったともいわれ、名前から貝塚に関係 するのだろうか。 ちなみに、貝塚市の市の木はカイヅカイブキである。 尊光寺のカイヅカイブキは推定樹齢400年といわれている古木であるが、 樹勢は旺盛である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/11 13:42
阿弥陀寺 (京都府精華町)
阿弥陀寺 (京都府精華町) 精華町の西に位置する煤谷山の山麓に建つ阿弥陀寺の開創は 不詳である。 境内に建つ煤谷山功労碑は、1678〜1876年にわたって4ヶ村が 煤谷山土地境界線を巡る権利闘争で争い、1876年円満解決に 至らしめた功労者を記念して建てられたものである。 こうした係争は江戸時代には多く存在したが、明治時代に入り 解決していった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/10 20:58
観音寺 (奈良県奈良市針町) 十三重石塔
観音寺 (奈良県奈良市針町) 十三重石塔 奈良市と合併した都祁村の針町にあって、針の観音寺と呼ばれている 観音寺は宝亀年間(770〜779年)の開創と伝えられているが詳細は 不詳である。 隣に建つ春日神社の大般若経(南北朝時代書写)が観音寺に残っている ことから、神仏習合のお寺であったろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/10 10:48
大宝寺 (兵庫県宝塚市)
大宝寺 (兵庫県宝塚市) 阪急電鉄宝塚線の北に住宅地が広がる雲雀丘丘陵の一角に、 ため池を前に八坂神社と並んで建つ小さなお寺が大宝寺である。 大宝寺の開創については不詳であるが、八坂神社と神仏習合の お寺であろう。 八坂神社は1449年の建立と伝えられ、室町時代には大宝寺は あったと考えられる。 また、大宝寺所蔵の不動明王像が室町時代の造像といわれることからも。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/09 20:23
天性寺 (大阪府岸和田市) 蛸地蔵
天性寺 (大阪府岸和田市) 蛸地蔵 天性寺は、南海電鉄蛸地蔵駅の西北に位置し、駅名にもなるほどに 天性寺は蛸地蔵と呼ばれ、信仰を集めている。 蛸地蔵の伝説とは、  天性寺の本尊地蔵菩薩は岸和田の守本尊とされたが、戦国の乱から 護るために堀の中に入れられた。 1584年岸和田城は根来・雑賀衆に攻められ落城の危機となった時に、 数千の蛸と法師が城を救ったといわれ、堀の中から矢傷を負った地蔵が 発見され、その法師が地蔵菩薩の化身とわかり、地蔵菩薩を城中に 祀った。 それを再び天性寺に移し祀ったと伝えている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/08 09:41
聖法院 (京都府木津川市) 銭司聖天
聖法院 (京都府木津川市) 銭司聖天 聖法院は通称・銭司聖天と呼ばれ、金運向上の聖天が祀られ、 そのご利益を求めて多くの参拝者が集まる新しいお寺である。 銭司聖天の建つ木津川市加茂町銭司は、奈良時代初頭に流通した 和同開珎の鋳造所の一つがあった処であり、それに因んで 銭司聖天と呼ばれている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/07 20:55
本王院 (和歌山県高野町高野山) 高野山子院(宿坊)
本王院 (和歌山県高野町高野山) 高野山子院(宿坊) 金剛峯寺の近くに建つ本王院は1158年蓮華谷に開創されたと 伝えられ、1854年五大院と合併し現在地に移っている。 中世には、常陸の大名や豪族の帰依を受けている。 五大院は894年開創と伝える古刹である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/06 09:16
観音寺 (京都府和束町)
観音寺 (京都府和束町) <茶源郷>と呼ばれる和束町の風景はこれぞ宇治茶の風景である。 こうした風景の北部に位置する奥出集落に建つのが観音寺である。 ここには、北野天満宮から勧請されたといわれる男神坐像があり、 この像は天神の本地仏・十一面観音とされ、どうして北野天満宮から 勧請されたのか興味がつきない。 また、同寺に所蔵される木心乾漆菩薩坐像の由来についても。 観音寺の開創など不詳である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/05 09:18
陶芸 2018年3月4日 フリーマーケット作品その1
陶芸 2018年3月4日 フリーマーケット作品その1 4月のフリーマーケットに出品する陶芸サークルの作品その1をUP。 釉薬のテストを兼ねながら探索する人の作品である。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/04 16:25
光明寺 (奈良県大和郡山市柏木町)
光明寺 (奈良県大和郡山市柏木町) 大和郡山市南部の柏木集落にひっそりと建つ光明寺には、重要文化財に 指定された阿弥陀三尊像と伝善導大師像の4駆の仏像が所蔵されている。 阿弥陀三尊像はどれも立像で、室町時代の造立である。 善導大師は中国浄土教の確立者といわれ、日本の浄土宗に強い影響を 与え、浄土宗や浄土真宗の高祖として祀られている。 伝善導大師坐像は寺伝として伝えられるが、善導大師かどうか不詳とか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/04 09:55
甘露寺 (兵庫県尼崎市寺町)
甘露寺 (兵庫県尼崎市寺町) 尼崎寺町の寺院群11ヶ寺の一つ甘露寺は、1490年現在の大物町に 開創されたと伝えられている。 1617年尼崎藩主・戸田氏鉄が尼崎城の築城と同時に、城下町の整備と 寺町を形成した時に、甘露寺も移転している。 本堂は浄土堂と呼ばれ、西方極楽浄土を再現したといわれ、屋根頂に 鳳凰が飾られている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/03 16:43
願昭寺 (大阪府富田林市) 五重塔
願昭寺 (大阪府富田林市) 五重塔 富田林市を流れる石川に架かる千代田橋を渡ると、正面の山頂近くに 願昭寺の五重塔が見えてくる。 山の中腹から山頂にかけて境内が広がり、山頂へ伸びる赤い鳥居を 潜り、頂に到ると眺望が一気に開ける。 富田林市街地を背景に願昭寺の伽藍が全望できる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/02 09:51
真光院 (京都府宇治市) 萬福寺塔頭
真光院 (京都府宇治市) 萬福寺塔頭 萬福寺の西北に建つ真光院は、1711年萬福寺8代悦峰道章によって 開創され、1712年徳川幕府の重鎮・柳沢吉保の正室・定子が亡くなると、 真光院は菩提を弔っている。 柳沢吉保は悦峰禅師に帰依しており、柳沢氏の菩提寺・永慶寺の開山 ともなり、1714年吉保が亡くなると、その葬儀の導師となっている。   (1)寺名:真光院(しんこういん) (2)住所:京都府宇治市五ヶ庄三番割34−1 (3)宗派:黄檗宗大本山萬福寺の塔頭 (4)開基:悦峰道章 (5)開創:1711年 (6)本尊: ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/01 14:13
称名寺 (滋賀県豊郷町) 那須城跡
称名寺 (滋賀県豊郷町) 那須城跡 豊郷町の<豊郷小学校旧校舎群>は、1937年近江商人・古川鉄次郎氏 の寄贈により、ヴォーリズ氏の設計によって建てられ、白亜の教育殿堂などと 呼ばれ、当時東洋一の小学校として注目を集めた。 その校舎群の南隣に建つのが称名寺である。 称名寺は、源平合戦で活躍した那須与一の次男・石畑宗信が自ら築城 した那須城跡に、1258年開創したと伝えられている。 また、隣地に建つ八幡神社も宗信が建立している。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/03/01 09:25

<<  2018年3月のブログ記事  >> 

トップへ

お寺の風景と陶芸 2018年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる