お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 興雲寺 (鳥取県智頭町) 智頭宿

<<   作成日時 : 2018/02/10 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

<杉の里>と呼ばれる智頭町は、因幡街道と備前街道の結節点にあり、
因幡街道の一部・智頭往来の宿場町として栄えてきた。
現在は、人口8千人強の杉生産地として知られている。
智頭宿は、江戸時代には参勤交代の宿場で、現在もその面影を残している。
その宿場町に建つのが興雲寺である。

興雲寺の開創は不詳であるが、室町時代後期には牛臥山の山裾に存在
したが、1593年の大洪水で流失している。
1625年になって現在地に再興されている。

(1)寺名:興雲寺(こううんじ) (2)住所:鳥取県智頭町智頭364
(3)山号:龍吟山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:不詳 (6)中興:1625年 由山 (7)本尊:釈迦牟尼
(8)その他
1)因幡三十三観音第20番
2)弘法大師坐像:町指定文化財 1938年 国米泰石作 像高17cm

画像
                       智頭宿

画像
                        参道

画像
                        境内

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

興雲寺 (鳥取県智頭町) 智頭宿 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる