お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 備前国分寺跡 (岡山県赤磐市)

<<   作成日時 : 2017/10/02 09:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

741年国家鎮護のために、聖武天皇の詔により全国66ヶ国に建立された
国分寺(正式名:金光明四天王護国之寺)の内、備前国に建立されたのが
備前国分寺である。
その後、盛衰を経て、16世紀後半には廃寺となったといわれている。
備前国分寺の伽藍配置は東大寺式伽藍配置で、七重塔が建っていた。
現在は整備され、鎌倉時代に建立された七重石塔や礎石が残されいる。
法灯を引き継ぐお寺は円寿院(赤磐市)といわれているが、定かではない。
円寿院の山号は金光山であり、国分寺の正式名からの由来か。

(1)寺名:備前国分寺跡 (2)住所:岡山県赤磐市馬屋
(3)規模:東西175m 南北190m
(4)建立年:不明
(5)その他
1)備前国分寺跡:国指定史跡
2)七重石塔:市指定文化財 鎌倉時代後期

画像
                       七重石塔

画像


画像
                       金堂跡

画像
                       講堂跡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

備前国分寺跡 (岡山県赤磐市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる