お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 鷲峰寺 (香川県高松市)

<<   作成日時 : 2017/09/07 09:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

国分寺町の鷲ノ山山麓に建つ鷲峰寺の山門を潜ると、本堂に向かってなだらかな
勾配の参道が、古色蒼然とした風景を漂わせている。
参道の右手には、四天王立像を安置した収蔵庫が建つ。
この四天王立像は鎌倉時代後期の造像で、奈良興福寺の北円堂・四天王立像
の姿形とほぼ一致するといわれ、奈良仏師の作なのだろうか。

鷲峰寺は、754年鑑真和上によって開創されたと伝える古刹で、
860年比叡山の智証大師・円珍によって再興されている。
戦国時代には、長宗我部元親の兵火に遭い、その後衰退している。
1661年高松藩主の命により再興されている。

<香川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:鷲峰寺(じゅうぶじ) (2)住所:香川県高松市国分寺町柏原632−3
(3)山号:円通山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:鑑真和上 (6)開創:754年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)四国八十八ヶ所霊場第82番根香寺の奥の院
2)新四国曼荼羅霊場第13番
3)四天王立像:重要文化財 鎌倉時代後期 像高101〜103cm

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                       収蔵庫

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

鷲峰寺 (香川県高松市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる