お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 極楽寺 (香川県さぬき市) 古刹

<<   作成日時 : 2017/07/11 09:13   >>

トラックバック 0 / コメント 0

極楽寺は、729年行基が現在の寒川町石田東極楽寺集落に開創したと
伝えられている。
現在は<極楽寺跡>遺跡として一部残され、瓦や鉄錫杖などが出土し、
四天王寺式伽藍配置であった。
809年火災で焼失したが、821年弘法大師空海が現在の鴨部東山に
再興し、824年七堂伽藍の宝蔵院として整備され、後に談義所(学問所)
として格上げされている。
14世紀に入って、兵火により壊滅し、14世紀中頃、現在地の長尾東へ
移ったといわれている。

古刹の風景を持ち、数多くの文化財が残されている。

<香川県のお寺一覧>参照

(1)寺名:極楽寺(ごくらくじ) (2)住所:香川県さぬき市長尾東1194
(3)山号:紫雲山 (4)宗派:真言宗大覚寺派
(5)開基:行基 (6)開創:729年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)薬師如来立像:重要文化財 藤原時代 像高164cm
  薬師如来坐像:県指定文化財
2)両界曼荼羅図:重要文化財
3)鉄錫杖:県指定文化財 極楽寺跡出土
4)唐華双鶯八花鏡:市指定文化財 極楽寺跡出土

画像
                        山門

画像
                        山門

画像


画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       大師堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

極楽寺 (香川県さぬき市) 古刹 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる