お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正道寺 (岐阜県池田町)

<<   作成日時 : 2017/05/31 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

正道寺が建つ池田町六之井は、江戸時代初期に旗本・加藤氏が
領主となって六之井陣屋を築いている。
その陣屋跡(現在は公民館)の前に建つのが正道寺である。
正道寺山門の横に建つ閻魔堂は、寛文年間(1661〜73年)に
江戸から十王を請来し、1947年に建てられ安置されている。
六之井地区の篤い信仰を受け、地区の人々によって護られている。
正道寺の開創については不詳である。

(1)寺名:正道寺(しょうどうじ) (2)住所:岐阜県池田町六之井19
(3)山号:華中山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:阿弥陀如来
1)六之井閻魔堂十王像群:町指定文化財 江戸時代前期

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                       閻魔堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

正道寺 (岐阜県池田町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる