お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 明覚寺 (岐阜県大垣市上石津町)

<<   作成日時 : 2017/05/16 09:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

明智光秀の出生地については諸説あり、
@可児市瀬田 A恵那市明智町 B山県市美山町 C大垣市上石津町
などがあげられ、可児市瀬田が通説としてあげられている。
そうした説の中にある上石津町に明覚寺は位置している。
明覚寺は、1465年道場として開創されたのが始まりと伝えられている。
1591年現在地に移っている。
その時植えられたと伝わるイヌマキが、本堂裏に樹勢衰えずに伸びている。
樹高15mを越え、本堂屋根の一部を突き抜けている。

(1)寺名:明覚寺(みょうかくじ) (2)住所:岐阜県大垣市上石津町上828
(3)山号:松岡山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開創:1465年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)イヌマキ:市指定天然記念物 推定樹齢400年以上

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       イヌマキ

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

明覚寺 (岐阜県大垣市上石津町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる