お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍国寺 (石川県金沢市) 友禅染の祖・宮崎友禅斎の菩提寺

<<   作成日時 : 2017/04/19 09:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

友禅染の創始者といわれる宮崎友禅斎の経歴については不詳なところが
あるが、江戸時代中期に京都で友禅染の絵師として活躍し、晩年は
金沢に移り加賀友禅を創始したといわれている。
友禅斎の墓碑があるのが龍国寺である。

龍国寺は、1650年開創されたが1659年一時廃寺となり、1671年
前田利家の出世開運のお守を封じ込めた稲荷明神を祀るために再興
されたといわれている。
1920年に友禅斎の墓碑が発見されている。

(1)寺名:龍国寺(りゅうこくじ) (2)住所:石川県金沢市東山2−25−72
(3)山号:祥雲山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開創:1650年 (6)中興:1671年 虎白 (7)本尊:釈迦牟尼

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       友禅堂

画像
                     宮崎友禅墓碑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

龍国寺 (石川県金沢市) 友禅染の祖・宮崎友禅斎の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる