お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 慈眼院 (岡山県瀬戸内市長船) 長船刀匠の菩提寺

<<   作成日時 : 2017/04/18 09:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本刀の国宝に指定された中でも、備前長船の数は少なくない。
備前長船は鎌倉〜戦国時代に多く作られているが、1590年の吉井川水害
で大打撃を受けている。
そうした備前長船の刀匠を供養し菩提を弔っているのが慈眼院であり、
毎年<刀匠慰霊祭>があるらしい。

慈眼院は天平勝宝年間(749〜757年)に唐招提寺の開祖・鑑真和上
によって開創されたと伝えられているが、詳細は不詳である。

(1)寺名:慈眼院(じげんいん) (2)住所:岡山県瀬戸内市長船町長船436
(3)山号:宝城山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:鑑真和上 (6)開創:749〜767年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)梵鐘:市指定文化財 1384年

画像
                        全景

画像
                        山門

画像
                     備前刀匠供養塔

画像
                        本堂

画像
                        梵鐘

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

慈眼院 (岡山県瀬戸内市長船) 長船刀匠の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる