お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 医王寺 (三重県松阪市飯南町) 鉄製宝篋印塔

<<   作成日時 : 2017/04/08 15:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

墓塔や供養塔として鎌倉時代から建立された宝篋印塔は石造が大半で、
医王寺の鉄製宝篋印塔は非常に珍しい。
私も宝篋印塔を多く拝観しているが、鉄製のものは初めてである。
1706年2代住職が薬屋の喜捨を受けて建立したもので、津藩お抱えの
鋳物師によって造られている。
医王寺の起源は不詳であるが、中世に近くの安城山に建てられたお寺が
廃れ、江戸時代前期に本尊を移して開創されたのが医王寺である。

(1)寺名:医王寺(いおうじ) (2)住所:三重県松阪市飯南町向粥見1390
(3)山号:安城山 (4)宗派:黄檗宗
(5)開創:不詳 (6)中興:江戸時代前期 梅嶺道雪 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)鉄製宝篋印塔:市指定文化財 1706年

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                     鉄製宝篋印塔

画像
                        周辺

画像
                        周辺

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

医王寺 (三重県松阪市飯南町) 鉄製宝篋印塔 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる