お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 徹心寺 (兵庫県神河町)

<<   作成日時 : 2017/03/06 09:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

姫路の北30kmに位置する神河町福本に、古雅な風情を醸し出している
茅葺の山門と本堂が建っている。それが徹心寺である。
徹心寺は、福本藩初代藩主・池田政直が父・輝澄の菩提を弔うために
1660年代前半に開創して以降、藩主池田氏の菩提寺となっている。
池田輝澄は姫路藩主・池田輝政の四男で、母は徳川家康の次女・督姫
で家康の外孫になる。

茅葺本堂は1762年建立で、日蓮宗系では珍しい建物といわれている。
なにか田舎の農家を想わせる風景である。

(1)寺名:徹心寺(てっしんじ) (2)住所:兵庫県神河町福本402
(3)山号:一関山 (4)宗派:法華宗
(5)開山:日林 (6)開基:池田政直 (7)開創:1661〜1665年
(8)本尊:大曼荼羅
(9)その他
1)本堂:県指定文化財 1762年 茅葺
2)山門:県指定文化財 1838年 茅葺
3)福本藩歴代藩主墓所:町指定史跡

画像
                        山門

画像


画像


画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

徹心寺 (兵庫県神河町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる