お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 正花寺 (香川県高松市) 菩薩立像

<<   作成日時 : 2017/03/31 09:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

木彫仏像は日本において飛鳥時代から彫られているが、その様式が
後々影響を与えるのは奈良・唐招提寺の木彫仏像群といわれている。
その中にあって、衆宝王菩薩像はその典型的な仏像である。
正花寺の菩薩立像は衆宝王菩薩立像を写して奈良時代後期に
造像されたと考えられている。
菩薩立像はカヤの一木造りで、衆宝王菩薩像に比べて和風が少し
入った惚れ惚れする美しい姿である。

正花寺は天平年間(729〜749年)に行基によって開創されたと
伝えられている。
その後盛衰を経たが、明治時代初期の廃仏毀により廃寺となったが、
明治12年再建されている。

(1)寺名:正花寺(しょうけじ) (2)住所:香川県高松市西山崎町1324
(3)山号:龍尾山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:行基 (6)開創:729〜749年 (7)本尊:不動明王
(8)その他
1)菩薩立像:重要文化財 奈良時代後期 像高139cm

画像
                       境内から

画像
                       観音堂

画像
                        本堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

正花寺 (香川県高松市) 菩薩立像 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる