お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 宝光寺 (香川県東かがわ市) 石庭

<<   作成日時 : 2017/02/04 11:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

県道40号を四国山脈に向って入った山あいの東山集落の外れに建つ
宝光寺は曹洞宗の禅寺であるが、<子授かり、安産、子育て>の信仰
が篤いお寺である。
本堂裏手の石庭は1999年発掘調査され、江戸時代後期の石庭と
判明し整備されている。
石が300ほど山に沿って組み立てられ、枯山水の石庭である。

宝光寺は980年頃の開創と伝えられ、室町時代には室町幕府管領で
讃岐の守護大名でもあった細川勝元の帰依を受け、
大いに栄えたといわれている。

(1)寺名:宝光寺(ほうこうじ) (2)住所:香川県東かがわ市東山1200
(3)山号:如意山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:大量無極 (6)開創:980年頃 (7)本尊:千手観音

画像
                       宝光寺へ

画像
                        境内

画像
                        山門

画像
                    釈迦如来像と本堂

画像
                        本堂

画像
                       羅漢像

画像
                        石庭

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

宝光寺 (香川県東かがわ市) 石庭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる