お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 萬勝寺 (岐阜県恵那市) 飯高観音

<<   作成日時 : 2017/02/09 09:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

恵那市山岡町の山間部に広大な敷地を擁する萬勝寺の千手観音は
<飯高観音>と呼ばれ、厄除け観音として篤い信仰を集めている。
正月の初詣でも多くの参拝者が訪れる日本三大観音の一つといわれて
いる。三大観音には諸説あり。

萬勝寺は、奈良時代に修験道の道場であったが、平安時代に入って
比叡山の慈覚大師円仁が858年頃東国への巡錫の途次に当地を訪れ、
千手観音を彫って祀り、萬昌寺を開創したのが始まりと伝えられている。
1574年武田軍の兵火に遭い全焼したが、1616年萬勝寺として
再興されている。

飯高観音と呼ばれる千手観音は観音堂の本尊で、本堂の本尊は
十一面観音である。

(1)寺名:萬勝寺(まんしょうじ)<通称:飯高観音>
(2)住所:岐阜県恵那市山岡町馬場山田175
(3)山号:飯高山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:慈覚大師円仁 (6)開創:858年頃
(7)観音堂本尊:千手観音 本堂本尊:十一面観音
(8)その他
1)境内:市指定史跡・名勝

画像
                        山門

画像
                        標石

画像
                        境内

画像
                        境内

画像
                       観音堂

画像
                       観音堂

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

萬勝寺 (岐阜県恵那市) 飯高観音 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる