お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍眠寺 (静岡県掛川市) 横須賀藩主・西尾氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2017/01/24 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

龍眠寺は、1496年現在地より西北1kmほどの樹木ヶ谷に道場として
開創されたのが始まりと伝えられている。
一時は戦乱を避けるために信州へ避難したが、治まり元に戻っている。
1600年代初期に、横須賀藩主・大須賀忠次の命により現在地に
移っている。
1682年西尾忠成が横須賀藩主となると、龍眠寺は西尾氏の菩提寺となり、
以後明治維新まで西尾氏が藩主を務め、お寺も藩主の庇護を受けて
大いに栄えたといわれている。

山門からの参道と姿の良い本堂が一つの風景を成している。
塔頭・如意庵のソテツを探したが見つからず。
(龍眠寺から南1km)

(1)寺名:龍眠寺(りゅうみんじ) (2)住所:静岡県掛川市西大渕5659
(3)山号:平等山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:大樹宗光 (6)開創:1496年 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)遠州三十三観音霊場第11番
2)横須賀藩主・西尾氏の墓塔:市指定史跡
3)如意庵ソテツ:市指定天然記念物

画像
                       山門近辺

画像
                        山門

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                      西尾氏墓所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

龍眠寺 (静岡県掛川市) 横須賀藩主・西尾氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる