お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 名称寺 (奈良県大和高田市)

<<   作成日時 : 2017/01/16 09:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

名称寺の門前には堀の名残が残っているが、これは1570年から1580年まで
続いた本願寺と織田信長との石山合戦において、1572年から名称寺も
本願寺方に参戦した折に構築されたと伝えられている。
しかし、織田軍に攻められ名称寺も陥落している。
名称寺は、聖徳太子が建立したと伝えられる熊凝精舎の後継寺の百済大寺の
跡地に、1335年本願寺三代覚如上人が和州百済二條道場として開創した
のが始まりと伝えられている。
1455年現在地に移転し、1490年蓮如上人も訪れている名門である。

(1)寺名:名称寺(みょうしょうじ) (2)住所:奈良県大和高田市曽大根575
(3)山号:吉井山 (4)宗派:浄土真宗本願寺派
(5)開基:覚如上人 (6)開創:1335年 (7)本尊:阿弥陀如来

画像
                        外観

画像
                       堀の遺構

画像
                        山門

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

名称寺 (奈良県大和高田市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる