お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 景福寺 (兵庫県姫路市)

<<   作成日時 : 2017/01/15 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

姫路城の西にある小丘・景福寺山の南麓に建つ景福寺は、1749年から
姫路藩主となった酒井家の菩提寺である。
酒井家は徳川将軍の重臣で、大老などを務めた譜代大名である。
景福寺には藩主の室などが葬られており、藩主の墓は前橋市・龍海院に
存在する。

景福寺は元は兵庫県猪名川町にあったが、天正年間(1573〜92年)
姫路にも分家として開創された。
景福寺(猪名川町)は1370年の開創で、現在も猪名川町に存在する。
この景福寺の分家が、姫路初代藩主池田家の転封に伴い、姫路市、
鳥取市、岡山市に開創された。
これから、曹洞宗四景福寺と呼ばれている。

(1)寺名:景福寺(けいふくじ) (2)住所:兵庫県姫路市景福寺前7−1
(3)山号:瑞松山 (4)宗派:曹洞宗
(5)勧請開山:通幻寂霊 (6)開創:1370年 
(7)姫路での開創:1573〜92年 (8)本尊:釈迦牟尼

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

画像
                      酒井家墓所

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

景福寺 (兵庫県姫路市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる