お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 西本願寺尾崎別院 (大阪府阪南市) 尾崎御坊

<<   作成日時 : 2016/12/07 10:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

浜街道に面して建つ尾崎別院は、開創は不詳である善徳寺が焼失した跡地に
1598年桑山重晴が堂宇を建立して本願寺12代宗主・准如上人に寄進した
ことに始まり、尾崎御坊と呼ばれた。
桑山重晴は豊臣秀吉の家臣で、1585年に和歌山城代となり阪南地域の
領主となっている。
1596年出家し、1600年谷川藩主(現在の岬町)となっている。
尾崎別院は、大阪府にある西本願寺別院3ヶ院の一つではあるが、
位置づけは低くなっている。

(1)寺名:西本願寺尾崎別院<正式名:本願寺尾崎別院>
(2)住所:大阪府阪南市尾崎町2−8−19
(3)宗派:浄土真宗本願寺派本山本願寺別院
(4)開基:准如上人 (5)開創:1598年 (6)本尊:阿弥陀如来

画像
                       浜街道

画像
                    浜街道からの外観

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        庫裡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

西本願寺尾崎別院 (大阪府阪南市) 尾崎御坊 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる