お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 三要寺 (京都府京丹後市大宮町)

<<   作成日時 : 2016/12/05 09:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1377年現在の三要寺から南西の奥谷に開創された善王寺が三要寺の
始まりと伝えられている。
地名に残るほどに善王寺は大伽藍で大いに栄えたと言われたが、
1593年細川忠興の真言宗寺院の破却により、衰退した。
その後、紆余曲折を経て、1716年臨済宗に改宗し三要寺となった。
1845年現在地に移り、毘沙門堂も横の小丘に再建されている。
この毘沙門堂は、6世紀末〜7世紀初頭の<大江山鬼退治伝説>
の麻呂子親王が現在地に建立したと伝承され、善王寺が1377年
創建された際に、奥谷の地に移され、1845年に元の地に戻ってきた
由緒を持っている。

(1)寺名:三要寺(さんようじ) (2)住所:京都府京丹後市大宮町善王寺77
(3)山号:松渓山 (4)宗派:臨済宗天龍寺派
(5)開基:真海法印 (6)開創:1377年 (7)本尊:薬師如来

画像
                        本堂

画像
                       毘沙門堂

画像
                     毘沙門堂から

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

三要寺 (京都府京丹後市大宮町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる