お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 常喜院 (和歌山県高野町高野山) 高野山子院(宿坊) 地蔵尊のお寺

<<   作成日時 : 2016/12/28 09:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

金剛峯寺六時の鐘の前に位置する常喜院は、弘法大師空海の十大弟子
の一人で、空海の一族である実恵が開創したと伝えられている。
1156年に再興されている。
常喜院の本尊は高野山では珍しい地蔵菩薩で、境内には赤地蔵や
さすり地蔵など様々なお地蔵さんに囲まれている。
境内奥には校倉があるが、これは1631年に興山寺東照宮(現在は存在せず)
に建立されたものを移築している。

(1)寺名:常喜院(じょうきいん) (2)住所:和歌山県高野町高野山365
(3)宗派:高野山真言宗高野山子院 宿坊
(4)開基:実恵 (5)開創:平安時代初期 (6)本尊:地蔵菩薩
(7)その他
1)地蔵菩薩坐像:重要文化財 1294年 院修などの作
2)校倉:県指定文化財 1631年

画像
                       六時の鐘

画像
                        山門

画像
                       赤地蔵堂

画像
                        境内

画像


画像


画像
                        本堂

画像
                        校倉

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

常喜院 (和歌山県高野町高野山) 高野山子院(宿坊) 地蔵尊のお寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる