お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 平勝寺 (愛知県豊田市綾渡町)

<<   作成日時 : 2016/12/22 09:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

紅葉の名所・香嵐渓から東への山あいに建つ平勝寺は聖徳太子によって
開創されたと伝える古刹である。
南北朝時代に、後醍醐天皇の皇子・平勝法親王が立ち寄り、戦勝祈願
をしたと伝えられ、それ以降に平勝寺としたといわれている。
(平勝法親王については不詳である)

境内入口の杉はかねかけ杉と呼ばれ、推定樹齢400年以上といわれ、
お寺のシンボルとなっている。

(1)寺名:平勝寺(へいしょうじ) (2)住所:愛知県豊田市綾渡町奥12
(3)山号:鳳凰山 (4)宗派:曹洞宗
(5)開基:聖徳太子 (6)開創:不詳 (7)本尊:聖観音
(8)その他
1)聖観音坐像:重要文化財 1159年 像高152cm
2)二天立像:県指定文化財 藤原時代
3)扁額:県指定文化財 1330年
4)杉:市指定天然記念物 推定樹齢400年以上 樹高36m
5)夜念仏と盆踊り:国指定無形民俗文化財

画像
                        遠景

画像
                        杉

画像


画像
                       鐘楼門

画像
                       観音堂

画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

平勝寺 (愛知県豊田市綾渡町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる