お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 崇禅寺 (岐阜県土岐市) 妻木城主の菩提寺

<<   作成日時 : 2016/12/17 09:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

崇禅寺は1354年土岐明智頼重によって開創されたといわれている。
土岐明智頼重は美濃守護・土岐頼貞の孫で、1339年妻木城を築城
し、1351年明智頼兼(土岐氏一族)の養子となり、明智氏を継ぎ
明智城主となっている。
明智光秀はこの明智氏の子孫ともいわれている。
妻木城主はその後、明智氏一族の妻木氏が継いで、
妻木城は1658年廃城となっている。
崇禅寺は妻木城主の菩提寺となり、大いに栄えたといわれている。
土岐市は美濃焼の本場でもあるが、妻木城主が15世紀初頭に美濃焼の
初期窯の普及に力を注いだといわれている。

崇禅寺の佇まいは城主菩提寺としての寺風を残し、現在も名刹として
寺格を保っている。

(1)寺名:崇禅寺(そうぜんじ) (2)住所:岐阜県土岐市妻木町55−1
(3)山号:光雲山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)勧請開山:夢窓国師 (6)開山:果山 (7)開基:土岐明智頼重
(8)開創:1354年 (9)本尊:釈迦如来
(10)その他
1)県指定文化財
  釈迦如来立像:鎌倉時代 清涼寺式 像高80cm
  夢窓国師筆果山条幅:南北朝時代
  此山妙在筆跡:1363年
2)市指定文化財
  総門:年代不詳 伝妻木城遺構
  唐門
  香炉:1648年奉納
  白隠禅師のだるま:江戸時代
  袈裟九条裂交金襴法衣:徳川秀忠よりの陣羽織を法衣に
  他に市指定文化財が6件

画像
                        総門

画像
                        山門

画像
                        山門

画像
                        唐門

画像
                       イチョウ

画像
                        本堂

画像
                       観音堂

画像
                       開山堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

崇禅寺 (岐阜県土岐市) 妻木城主の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる