お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 盛源寺 (福井県福井市) 石仏群

<<   作成日時 : 2016/12/15 09:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

越前守護の戦国大名・朝倉貞景は、天台真盛宗開祖の真盛上人に
帰依し、上人の布教を支援し、天台真盛宗のお寺の開創を促している。
その一つが盛源寺である。
盛源寺は一乗谷朝倉氏遺跡から一乗谷川上流1kmほどの山麓に
建つ。
開創は1492年といわれ、真盛上人が初めて越前に入った1488年
から4年後である。

盛源寺の境内に安置される石仏、石塔などは700を越えると
いわれている。
これらは戦で斃れた兵士などを弔うために建立されたといわれている。

(1)寺名:盛源寺(せいげんじ) (2)住所:福井県福井市西新町8−9
(3)宗派:天台真盛宗
(4)開基:真盛上人 (5)開創:1492年 (6)本尊:阿弥陀如来
(7)その他
1)盛源寺:市指定史跡
   地蔵菩薩石仏:1537年 総高約270cm
   不動明王石仏:1556年 総高約220cm

画像
                    一乗谷朝倉氏遺跡

画像
                    一乗谷川上流を望む

画像
                盛源寺附近から朝倉氏遺跡方向

画像
                       盛源寺参道

画像


画像
                        本堂

画像
                    不動明王と地蔵菩薩

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

盛源寺 (福井県福井市) 石仏群 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる