お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 薬王寺 (長野県辰野町)

<<   作成日時 : 2016/11/28 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

薬王寺は、607年現在地の背後の桑沢山(1538m)中腹に開創されたと
伝えられ、1676年現在地に移転している古刹である。
旧跡の堂跡からは、人骨の入った鎌倉初期の四耳壷が発掘されている。
現在の本堂は杉林の中にどっしりと構え、杉林の参道が印象に残る。
また、芭蕉句碑が1891年に建てられている。
 句碑<初さくらをりしもけふハよき日なり>

(1)寺名:薬王寺(やくおうじ) (2)住所:長野県辰野町伊那富9700
(3)山号:桑沢山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開山:眼明 (6)開創:607年 (7)本尊:薬師如来
(8)その他
1)中部四十九薬師霊場第14番
2)本尊・薬師如来坐像:県指定文化財 藤原時代 像高85cm
  前立本尊・薬師如来坐像:県指定文化財 藤原時代 像高108cm
3)参考
  四耳壷:町指定文化財

画像
                        参道

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                       芭蕉句碑

画像
                       桜の古木

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

薬王寺 (長野県辰野町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる