お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長楽寺 (兵庫県赤穂市) 播磨西国三十三ヶ所観音霊場第9番

<<   作成日時 : 2016/10/31 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代初期に設定された播磨西国三十三ヶ所観音霊場は、
西国三十三所観音霊場に倣って慶雲寺の南室和尚が選定したが、
全国に多数ある観音霊場の中でも歴史のある霊場である。
円教寺を第1番とし、一乗寺を第33番としている。
長楽寺は天平年間(729〜749年)に開創されたと伝える古刹であり、
播磨西国観音霊場の第9番にあたる。
広い境内も整備が進んでいる。

(1)寺名:長楽寺(ちょうらくじ) (2)住所:兵庫県赤穂市砂子398
(3)山号:宝生山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:行基 (6)開創:729〜749年 (7)本尊:薬師如来

画像
                        山門

画像
                        境内

画像
                        本堂

画像
                       旧本堂跡

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長楽寺 (兵庫県赤穂市) 播磨西国三十三ヶ所観音霊場第9番 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる