お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 誕生寺 (三重県津市一志町) 真盛上人生誕の地

<<   作成日時 : 2016/10/24 09:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

天台宗の一派である天台真盛宗の開祖・真盛上人は誕生寺の地に、
1443年大仰城主・小泉藤能の次男として生まれ、7歳で出家し19歳で
比叡山に入り20年間あまり修行し、1486年大津・西教寺を本拠として
天台真盛宗を開いている。
その後、三重県や福井県などに多くの寺を開創し、布教に努めている。
1495年伊賀市の西蓮寺で亡くなっている。
その年、津市・成願寺の住職によって生誕地に香華寺が開創され、
明治時代に廃寺となったが、その後、誕生寺として再興されている。
真盛上人生誕地として、境内は三重県の史跡として指定されている。

(1)寺名:誕生寺(たんじょうじ) (2)住所:三重県津市一志町大仰1916
(3)山号:産湯山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開基:成伝 (6)開創:1495年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)石造阿弥陀如来立像:市指定文化財 室町時代
2)真盛上人生誕地(境内):県指定史跡

画像
                        遠景

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                     真盛上人幼少像

画像
                       産湯井戸

画像
                     真盛上人供養塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

誕生寺 (三重県津市一志町) 真盛上人生誕の地 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる