お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 春慶寺 (福井県鯖江市) 近松門左衛門ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2016/10/17 14:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

鯖江市吉江地区は<近松門左衛門の里>と呼んでいる。
近松門左衛門は1653年越前に誕生し、1655年父が吉江藩に
仕えるべく吉江に家族ともども移り住んでいる。
1664年父が何らかの理由で浪人になると生活にも困る状態となり、
一家は春慶寺に身を寄せたといわれている。
その後、一家そろって京都へ出ていった。
近松は1680年代には浄瑠璃・歌舞伎の作者として世に出ている。
10年余りの吉江での生活ではあったが、自然に恵まれた環境の中で
豊かな感性を育み、人情味あふれる作品を作り出している。

春慶寺は奈良時代に、白山信仰の祖・泰澄大師によって開創されたと
伝えられている古刹である。
1645年吉江藩ができると、藩主の庇護を受けて、藩の祈願所と
なっている。
杉木立の中には、樹齢数百年の古木もある。

(1)寺名:春慶寺(しゅんけいじ) (2)住所:福井県鯖江市米岡町5−1
(3)山号:春日山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開基:泰澄大師 (6)開創:奈良時代 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)石造物:市指定文化財 室町時代〜
2)大杉:市指定天然記念物 推定樹齢500年

画像
                       吉江の里

画像
                       吉江の里

画像
                      参道と本堂

画像
                       六地蔵

画像
                       大杉(右)

画像
                       石造物

画像
                       二葉葵

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

春慶寺 (福井県鯖江市) 近松門左衛門ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる