お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 法泉寺 (岡山県和気町) 疑似洋風の本堂

<<   作成日時 : 2016/10/16 09:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

明治時代になって、日蓮宗不受不施派(日蓮宗を信仰しない者から施しを
受けず、施しをしない)は認められ、キリスト教の影響を受け、
1878年第10番教会所として、法泉寺本堂は建立された。
随所に洋風の造作が見られる疑似洋風建築で、異色の本堂である。
法泉寺は康永年間(1342〜45年)に開創され、1619年再興されている。

(1)寺名:法泉寺(ほうせんじ) (2)住所:岡山県和気町益原466
(3)山号:大樹山 (4)宗派:日蓮宗
(5)開基:大覚 (6)開創:1342〜45年 (7)本尊:十界曼荼羅
(8)その他
1)本堂:町指定文化財 1878年

画像
                        遠景

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

法泉寺 (岡山県和気町) 疑似洋風の本堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる