お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 普音寺 (兵庫県たつの市) 龍野藩主脇坂氏の家臣総菩提寺

<<   作成日時 : 2016/09/04 08:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

たつの市を流れる揖保川西岸の的場山(394m)南東麓に建つ普音寺は、
1532年真言宗のお寺として開創され、1637年京極氏が龍野藩主となると、
京極氏が普音寺を菩提寺としている。
1658年京極氏が四国丸亀藩主として移ると、普音寺も丸亀に移転している。
1672年龍野の基盤を築いた脇坂安政が龍野藩主となると、近江浅井氏伝来
の阿弥陀三尊来迎仏を本尊として来迎寺を開き、後に前の普音寺と改名
している。
ちなみに、脇坂安政は<賤ヶ岳七本槍>の一人・脇坂安治の三代目である。
その後、脇坂氏は明治維新まで龍野藩を治め、普音寺は脇坂氏家臣の総菩提寺
となっている。

(1)寺名:普音寺(ふおんじ) (2)住所:兵庫県たつの市龍野町福の神6
(3)山号:日照山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開山:澤月大徳 (6)開創:1532年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)銅造阿弥陀如来三尊像:県指定文化財 鎌倉時代

画像
                       的場山

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       観音堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

普音寺 (兵庫県たつの市) 龍野藩主脇坂氏の家臣総菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる