お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 願成寺 (和歌山県海南市) あじさい寺

<<   作成日時 : 2016/09/25 09:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

あじさい寺として、海南市のスポットとなっている願成寺の開創については
平安時代末期の様相が強く反映しているようだ。
鳥羽天皇の中宮であり、崇徳・後白河天皇の生母である待賢門院璋子が
1145年亡くなるとその菩提を弔うために、湛慶上人が朝廷の命を受けて
開創したといわれている。
湛慶上人の姉妹といわれる美福門院得子は、鳥羽天皇譲位後の鳥羽上皇
に寵愛を受けた寵妃であり、待賢門院を出家に追い込んだ権力争いの
様相があった。
後に、保元の乱が起こる様相を呈していたのである。
なお、待賢門院の菩提寺は京都・法金剛院である。

湛慶上人は願成寺を拠点として海南北部の開拓に尽力したと
いわれている。

私が訪れたのは7月3日で、あじさいは終わりを迎えていた。

(1)寺名:願成寺(がんじょうじ) (2)住所:和歌山県海南市別所223
(3)山号:衣笠山 (4)宗派:天台宗
(5)開基:湛慶上人 (6)開創:1145年 (7)本尊:千手観音
(8)その他
1)本尊・千手観音坐像:重要文化財 鎌倉時代 像高183cm
2)願成寺文書:県指定文化財 平安〜室町時代

画像
                       寺の前

画像
                        参道

画像
                        境内

画像
                     名残のあじさい

画像
                        本堂

画像
                       役行者像

画像
                       観音堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

願成寺 (和歌山県海南市) あじさい寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる