お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 臨渓院 (愛知県犬山市) 瑞泉寺塔頭

<<   作成日時 : 2016/09/16 09:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

犬山城を眺望できる善光寺山の麓に建つ名刹・瑞泉寺の塔頭・臨渓院は
1482年開創され、1625年成瀬正虎が2代犬山城主となると臨渓院を
成瀬氏の菩提寺としている。
成瀬氏は3万石の大名格であったが、尾張藩の家老という立場にあり、
犬山藩とはならなかった。
明治維新時点で犬山藩として独立を認められている。

(1)寺名:臨渓院(りんけいいん) (2)住所:愛知県犬山市犬山瑞泉寺26
(3)宗派:臨済宗妙心寺派瑞泉寺の塔頭
(4)開基:東陽英朝 (5)開創:1482年 (6)本尊:釈迦牟尼

画像
                     境内から犬山城

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

臨渓院 (愛知県犬山市) 瑞泉寺塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる