お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 華階寺 (滋賀県大津市) イチョウ

<<   作成日時 : 2016/09/02 09:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

JR大津駅から琵琶湖岸へ伸びる中央大通りは、1968年〜1981年の
工事で開通した大津市のメイン通りである。
その大通りの京町三丁目交差点の中央分離帯緑地に2本のイチョウ古木
が偉容を誇っており、一つのシンボル樹となっている。
このイチョウは、交差点角に建つ華階寺が開創された1532年に境内に
植えられたといわれ、中央大通りの建設に伴い境内が削られたが、
イチョウは分離帯に残された由縁を持つ。

(1)寺名:華階寺(けかいじ) (2)住所:滋賀県大津市京町3−3−14
(3)山号:旭高山 (4)宗派:浄土宗
(5)開基:西念 (6)開創:1532年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)イチョウ2本:市指定天然記念物 推定樹齢450年以上

画像
                      中央大通り

画像
                     2本のイチョウ

画像
                     華階寺とイチョウ

画像
                      華階寺全景

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

華階寺 (滋賀県大津市) イチョウ お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる