お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 本光明寺 (奈良県田原本町)

<<   作成日時 : 2016/08/02 08:52   >>

トラックバック 0 / コメント 0

831年東寺から高野山へ向う途次に、当地で自らの大師像を彫り
祀ったのが勝楽寺と伝えられている。
この勝楽寺は弘法大師ゆかりの大和三楽寺(与楽寺、勝楽寺、秦楽寺)の
一つで弘法大師信仰の篤いお寺であったといわれている。
明治時代になって廃寺となり、1898年天理市にあった本光明寺が
この廃寺と合併して移ってきている。
本尊弘法大師像は勝楽寺の本尊を引き継ぎ、重文の十一面観音像は
天理市から移している。

(1)寺名:本光明寺(ほんこうみょうじ) (2)住所:奈良県田原本町千代1159
(3)山号:無量山 (4)宗派:真言律宗
(5)開基:弘法大師空海 (6)開基:831年 (7)本尊:弘法大師
(8)その他
1)十一面観音立像:重要文化財 11世紀後半 像高175cm

画像
                        門前

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                       鑁字の池

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

本光明寺 (奈良県田原本町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる