お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗性寺 (岐阜県郡上市美並町)

<<   作成日時 : 2016/08/14 09:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

下総国(現千葉県)東庄の領主であった東胤行(1194〜1273年)は、
当時名を知られた歌人で藤原定家の孫娘を妻に迎えたと伝わるほであった。
1232年親鸞聖人に帰依し、1257年所領であった郡上郡山田庄の領主
として、戸谷寺を建立している。
東氏の流れを汲む郡上八幡初代藩主・遠藤慶隆が戸谷寺を乗性寺と
改め今日にいたっている。
ちなみに、遠藤慶隆の妹・千代は土佐藩初代藩主・山内一豊の妻である。
乗性寺は東氏・遠藤氏の菩提寺である。

(1)寺名:乗性寺(じょうしょうじ) (2)住所:岐阜県郡上市美並町白山967−3
(3)山号:戸谷山 (4)宗派:真宗大谷派
(5)開基:東胤行 (6)開創:1257年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)本堂天井絵:市指定文化財

画像
                        参道

画像
                        山門

画像


画像
                        本堂

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

乗性寺 (岐阜県郡上市美並町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる