お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 放光院 (兵庫県朝来市山東町) 夜久野茶堂

<<   作成日時 : 2016/07/14 09:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

兵庫県朝来市と京都府福知山市が接する県境に建つ放光院は、
夜久野ヶ原の中にあり、かっての国では丹波国に属していた。
別名・夜久野茶堂と呼ばれ、福知山市夜久野の人々の弘法大師信仰が
篤い放光院である。
夫婦イチョウと呼ばれるイチョウ大木は、放光院開創の頃から夜久野ヶ原
を見つめてきており、推定樹齢300年といわれている。
放光院は、寛政年間(1789〜1801年)に信州の僧が夜久野ヶ原に庵を
築いたのが始まりといわれている。
不動明王と弘法大師を祀り、年2回大師まつりが行われている。

(1)寺名:放光院(ほうこういん)<通称:夜久野茶堂>
(2)住所:兵庫県朝来市山東町金浦630
(3)山号:三宝山 (4)宗派:臨済宗妙心寺派
(5)開基:一道貞心 (6)開創:1789〜1801年 
(7)本尊:不動明王、弘法大師

画像
                      夜久野ヶ原

画像
                     本堂とイチョウ

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

放光院 (兵庫県朝来市山東町) 夜久野茶堂 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる