お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿弥陀寺 (三重県伊賀市川東)

<<   作成日時 : 2016/07/10 08:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

阿弥陀寺本堂前に安置されている宝篋印塔(1311年銘)と、墓地の最前列に
安置されている五輪石塔(鎌倉時代後期)は、今は廃寺となっている大聖寺
から移設されたといわれている。
阿弥陀寺は1651年、天台真盛宗の宗祖・真盛の菩提寺・西蓮寺の住職
によって開創されている。
柘植川の傍にあって、ゆったりとした境内である。

(1)寺名:阿弥陀寺(あみだじ) (2)住所:三重県伊賀市川東157
(3)山号:天照山 (4)宗派:天台真盛宗
(5)開山:真能 (6)開創:1651年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)五輪石塔:市指定文化財 鎌倉時代後期

画像
                        全景

画像
                        本堂

画像
                       五輪石塔

画像
                       宝篋印塔

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

阿弥陀寺 (三重県伊賀市川東) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる