お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円通寺 (兵庫県豊岡市竹野町) 大石内蔵助ゆかりの寺

<<   作成日時 : 2016/05/07 09:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1701年赤穂藩主・浅野内匠頭長矩の殿中刃傷事件で赤穂藩改易後、
家老・大石内蔵助良雄は妻・りくなど子供などを豊岡藩家老であり、りくの
父・石束毎公のもとへ帰し、その後山科へ戻るが次男・吉之進は豊岡に
留まり、竹野の円通寺に入り僧となっている。
しかし、内蔵助は後の連座を避けるために、妻子を離縁し再度豊岡へ
帰している。
吉之進は名を祖錬として修行し、豊岡の興国寺へ移ったが、1709年
19歳の若さで亡くなっている。

円通寺は1389年、但馬守護の山名時義が菩提寺として開創している。
最盛期には多くの塔頭など抱える大寺であったといわれている。
参道にはアジサイが植生され、季節になると多くの観光客で賑わう
とのこと。
北へ3kmほどには景勝と海水浴場の竹野海岸がある。

(1)寺名:円通寺(えんつうじ) (2)住所:兵庫県豊岡市竹野町須谷940
(3)山号:萬年山 (4)宗派:臨済宗南禅寺派
(5)開山:月庵宗光 (6)開基:山名時義
(7)開創:1389年 (8)本尊:観音菩薩
(9)その他
1)月庵宗光像(画):県指定文化財 1383年

画像
                        参道

画像


画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                        境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円通寺 (兵庫県豊岡市竹野町) 大石内蔵助ゆかりの寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる