お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 芳春寺 (福井県越前市)

<<   作成日時 : 2016/04/03 19:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

芳春寺の開創については不詳であるが、かっては河濯(かわそ)権現と
呼ばれた神仏習合のお寺で、現在も毎年7月末に祭礼が行われている。
境内に安置された芭蕉色紙塚とは、
 1689年芭蕉が<奥の細道>紀行で北陸へ来た際に、地元の俳人・露朝
が<古池や蛙飛こむ水の音>の色紙を贈られたといわれている。
1730年、福井藩士の嵐枝が露朝の所持していた色紙を埋めて<色紙塚>
を建立したといわれている。

観音堂には権現参りのお礼絵馬などが飾られいる。

(1)寺名:芳春寺(ほうしゅんじ) (2)住所:福井県越前市高瀬2−5−15
(3)山号:河濯山 (4)宗派:臨済宗大徳寺派
(5)開創:不詳 (6)本尊:河濯四光尊天、大日如来

画像
                        全景

画像


画像
                        本堂

画像
                       観音堂

画像
                      観音堂絵馬

画像
                      色紙塚(中)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

芳春寺 (福井県越前市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる