お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 龍華院 (京都市右京区) 妙心寺境外塔頭

<<   作成日時 : 2016/04/17 10:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

徳川家康次男・結城秀康の次女・喜佐姫は1610年毛利秀就(長州藩主)に嫁ぎ
1655年に亡くなり、その菩提寺となったのが龍華院である。
龍華院の開創は不詳であるが、1656年喜佐姫の外護により再興されている。

(1)寺名:龍華院(りゅうげいん) (2)住所:京都市右京区花園坤南町10
(3)宗派:臨済宗妙心寺派大本山妙心寺の境外塔頭
(4)開創:不詳 (5)中興:竺印祖門 1656年 (6)本尊:釈迦牟尼

画像


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

龍華院 (京都市右京区) 妙心寺境外塔頭 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる