お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 長法寺 (岡山県備前市)

<<   作成日時 : 2016/04/01 10:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

備前焼の始まりは、鎌倉時代初期に熊山の麓で生活用器が焼かれ、熊山遺跡
として残されている。
鎌倉〜室町時代になって、備前焼の特色が現れている。
備前焼の中心地となった伊部(いんべ)は長法寺古文書の1324年文書で
初めて現れている。
桃山茶陶の時代には、確固たる地位を築いている。
長法寺は伊部の里にあって古刹であり、大茶会が催されている。

長法寺は天平勝宝年間(749〜757年)に鑑真和上によって開創されたと
伝えられ、報恩大師が備前48ヶ寺に加えたといわれている。
小高い山を背に広い境内を擁している。

(1)寺名:長法寺(ちょうほうじ) (2)住所:岡山県備前市伊部447
(3)山号:小幡山 (4)宗派:高野山真言宗
(5)開基:鑑真和上 (6)開創:749〜757年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)阿弥陀三尊像:県指定文化財 藤原時代 中尊像高113cm
2)本堂:市指定文化財 1770または1776年
3)備前焼欄間獅子:県指定文化財 江戸時代 岡山県備前陶芸美術館に
4)阿弥陀如来石仏:市指定文化財 南北朝〜室町時代
5)宝篋印塔:市指定文化財 南北朝時代

画像
                        遠景

画像
                        外観

画像
                        参道

画像
                        本堂

画像
                        本堂

画像
                     阿弥陀如来石仏

画像
                       宝篋印塔

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

長法寺 (岡山県備前市) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる