お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 円光寺 (三重県津市河芸町) 伊勢上野藩主・分部氏の菩提寺

<<   作成日時 : 2016/03/04 09:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1568年織田信長が伊勢に侵攻して来た時、分部光嘉は織田に味方し、
信長の弟・信包に従って1570年伊勢上野城を築城し、城主となっている。
その時に、栗真庄中山にあった円光寺を上野に移し菩提寺としている。
1600年関ヶ原の戦いで徳川方につき、伊勢上野藩の初代藩主となるが、
1601年に亡くなっている。
2代藩主・分部光信は近江大溝藩主に転封となり、円光寺も同時に近江
に移っている。
残った堂宇をもとに円光寺は現在地にも存続している。
近江に移った円光寺は滋賀県高島市に存続し、大溝藩主・分部氏の
菩提寺となっている。

円光寺は1358年後光厳天皇の勅願寺として、現在の津市栗真中山町
に開創されたと伝えられている。

(1)寺名:円光寺(えんこうじ) (2)住所:三重県津市河芸町上野2861
(3)山号:萬松山 (4)宗派:臨済宗東福寺派
(5)開創:1358年 (6)本尊:釈迦牟尼

画像
                        山門

画像
                        本堂

画像
                      分部氏の墓

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

円光寺 (三重県津市河芸町) 伊勢上野藩主・分部氏の菩提寺 お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる