お寺の風景と陶芸

アクセスカウンタ

zoom RSS 専修院 (愛知県扶桑町)

<<   作成日時 : 2016/03/20 10:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

尾張をほぼ統一していた織田信長は、1564年反抗的な同族の
犬山城主・織田信清を攻めるべく大道寺砦を築き、一気に攻め滅ぼしている。
これによって信長は美濃攻略の態勢を整えていく。
大道寺砦の跡地に、1577年専修院は移ってきている。
専修院は、現在の柏森駅西方に1280年大道寺として開創されている。
何の因果か、1876年犬山城二の丸の矢来門が移築されたのが
現在の専修院東門である。

大道寺砦の面影は全く残っていないが、専修院の境内は整備され、
犬山城の残り香が漂う錯覚を。

(1)寺名:専修院(せんじゅいん) (2)住所:愛知県扶桑町柏森西屋敷62
(3)山号:解脱山 (4)宗派:浄土宗西山禅林寺派
(5)開山:東安 (6)開創:1280年 (7)本尊:阿弥陀如来
(8)その他
1)東門:市指定文化財 江戸時代

画像
                        山門

画像
                        東門

画像
                        東門

画像
                        本堂

画像
                        境内

画像
                        境内

画像
                        境内

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

専修院 (愛知県扶桑町) お寺の風景と陶芸/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる